歯周病が全身に及ぼす影響 vol.3

blog67
歯周病と糖尿病
歯周病は糖尿病の合併症

歯周病は糖尿病の合併症の一つと言われています。
実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという報告がされています。
さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。
つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。
歯周病治療で糖尿病も改善することも分かっています。

歯周病菌は内毒素をまき散らす

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ってしまいます。
血管に入った細菌は体の力で死滅するのですが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残ってしまい、血糖値に悪影響を与えます。
血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めていきます。

TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあり、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまう悪いやつなのです。

全身の健康に歯科が出来ること

歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることは研究で明らかになっています。
歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があるのです。
毎日の食生活を含めた生活習慣を見直すと共に、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながるのです。
歯医者は口腔内の変化をみる事のできるプロです。
口腔ケアも自分一人できちんと行うには限界があります。
定期的な検診を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

ひらい歯科医院について

Related Posts