歯周病が全身に及ぼす影響 vol.8

blog101
関節炎・腎炎

関節炎や糸球体腎炎が発症する原因として、ウィルスや細菌の感染があります。

関節炎や糸球体腎炎の原因となる黄色ブドウ球菌や連鎖球菌の多くは、歯周病原性細菌など口腔内に多く存在しているのです。
これらのお口の中の細菌が血液中に入り込んだり、歯周炎によって作り出された炎症物質が血液に入り込むことで、関節炎や糸球体腎炎が発症することがあります。

ひらい歯科医院について

Related Posts