タバコと歯周病

blog12
百害あって一利なし

タバコはさまざまな病気の原因となっています。
タバコを吸うことで、タバコに含まれる成分であるニコチン・タール・一酸化炭素のほか、200種類ほどの有害物質が体内の取り込まれ、歯周病を進行させるほか治癒の遅延を招くと言われています。

タバコは歯周病に良くないと言っても、実は、喫煙によって生じるさまざまな要因が複雑に絡まり合うことによって、歯周病が進行しやすい状態になります。
さらに、タバコを吸うことで歯周病が治りにくくなることから、ますます歯周病に悪影響を与えてしまうのです。

歯周病の進行を促す要因

ニコチンやその他の有害物質が体内に取り込まれると、免疫力が低下してしまいます。
免疫力が低下することで細菌感染による炎症が起こりやすくなるのです。
それに加え、喫煙によってビタミンCが大量に消費されるため、さらに免疫機能の低下を招きます。

また、ニコチンの血管収縮作用や一酸化炭素によるヘモグロビン濃度の低下により、歯周ポケット内の酸素分圧が低下すると、嫌気性の歯周病菌が繁殖しやすくなります。
さらに、タール(ヤニ)が歯面に付着することで、歯石がつきやすくなるため、症状が進行しやすくなるのです。

このような複数の条件が重なることで、歯周組織の破壊が進んで歯周病の進行につながっていきます。

歯周病の治癒を妨げる要因

ニコチンの血管収縮の作用により出血や炎症が起こりにくくなってしまうため、歯周病に気づきにくくなります。
また、メラニン色素沈着によって歯肉が黒ずむことで、歯肉で炎症が起こっても見逃しやすくなります。

歯肉の表面を覆う上皮細胞や、傷の修復に関わる繊維芽細胞の機能が低下することで、歯周組織の修復能力が機能しずらくなり、歯周病の治療を行っても治癒が妨げられてしまいます。

ひらい歯科医院について

Related Posts