インプラントとは

blog68
自然な笑顔に

歯を失った箇所に、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯を補う治療がインプラント治療です。
インプラント材料には、純チタンあるいはチタン合金が多く使用されています。
チタンは生体親和性にすぐれ、骨と強固に結合する性質を持っています。
また、アレルギー反応が起こりにくく、生体内で長期的に安定しているため、歯科および整形外科でもインプラントとして使用されています。

歴史

1952年、スウェーデンのブローネマルク博士が、動物実験中に、骨の中に埋め込まれたチタンを撤去できなかったことから、チタンが骨と直接、強固に結合しているということを偶然発見しました。
その後、本格的に歯科インプラントの研究が始まり、ブローネマルク博士は1965年に初めてチタン製インプラントを人間の顎骨に埋入しました。
このインプラントは、患者が2005年に亡くなるまで40年間機能し続けていました。

日本で初めてチタン製インプラントによる治療が行われたのは1983年です。
入れ歯と違い、インプラントは自分の歯と同じようによく咬むことができ、思いきり笑ったり、はっきりと話ができるようになり、生活の質(Quality of Life)を向上させる治療方法として、日本でも普及しました。

ひらい歯科医院について

Related Posts