再生療法

blog3

歯周病は進行すると歯の周りの骨の吸収が起こります。

この骨の吸収は、ほとんどの場合、歯周病が完治しても元の形には戻ることはありません。
この吸収した骨の形に添うように、歯肉が表面を覆っていますので、歯の表面が以前と比べ多く露出します。そのため歯が長くなったように見えてしまったり、歯が空いてしまったり、時には歯がしみるといった症状が出ます。

これは、歯槽骨に再生能力が無いわけではなく、歯肉の治癒能力のほうが、スピードが早いために起こってしまう現象なのです。
吸収してしまった骨の再生を促すのが再生療法です。
再生療法には2つの方法があり、歯の周りにメンブレンという特殊な膜を張り、歯槽骨の吸収してしまった部分に歯肉が入り込むのを阻止し、歯周組織の再生を待つGTR法と、吸収してしまった部分に直接、歯周組織の再生を促すような薬剤を塗布するエムドゲイン法の2つがあります。

エムドゲイン

エムドゲイン法の目的は、歯周組織の再生。

GTR法では、歯肉が入り込むのを膜を用いて阻止しますが、エムドゲイン法では、エムドゲイン・ゲル(エナメルマトリックスデリバティブ)という薬剤を欠損部に入れ、歯肉の侵入を防ぐと同時に歯周組織の再生を促します。
このエムドゲイン・ゲルは時間の経過とともに歯周組織の再生を促しながら吸収していきますので、GTR法のように後からもう一度手術を行う必要はありません。

エムドゲインの主成分は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種であるエナメルマトリックスデリバティブです。
現在、世界中で使用されていますが、感染症の報告はなく、また、現在の化学水準に基づく高い安全性確保の下で管理されている幼若ブタを用いますので、安全性は確立されています。

このエムドゲイン法は、GTR法と比べ比較的簡単に手術が終わる分、使用する薬剤がゲル状であることから再生させたい部分の骨量のコントロールが難しく、適応となる症例はGTR法と比べやや狭いのが現状です。

ひらい歯科医院について

Related Posts