若い人にも拡がる歯周病

blog54

世界でも多くの方々が歯周病に罹患しています。
ギネスブックでは次のように紹介されています。
“全世界で最も患者が多い病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に犯されていない人間は数えるほどしかいない”
以上がギネスブックからの引用ですが、日本でも成人の80%以上が歯周病にかかっているという国の調査結果があります。

なぜそんなに多いのでしょうか?
そもそも歯周病は口の中を不潔にすることから始まります。
歯と歯茎の間を不潔にして、雑菌が繁殖し、その雑菌の毒素のため歯肉に炎症が起こりその炎症による出血が見られるようになります。
大切なことは、この雑菌・プラークを取り除く、つまり清潔にする係りは本人です。
自分自身がやらなくてはいけないのです。

雑菌・プラークを取り除くこと、口の中を清潔にすることを“プラークコントロール”と呼びます。プラークコントロールは毎日、正しく行うと効果があり、歯周病の予防となります。
歯周病の前段階は歯肉炎ですが、必ず歯と歯の間から始まります。
子どもさんの歯茎を見て、歯と歯の間の歯肉が赤ければ要注意です。
正しいプラークコントロールをブラッシング指導でお教えいたします。

ひらい歯科医院について

Related Posts