歯周病と歯科検診

blog41

歯周病にかからないためには、歯科検診を定期的に受けることが効果的であり、厚生労働省でも歯科検診を定期に受けることが推奨されています。
毎日丁寧に歯磨きをしていても、自分では完全にプラークを除去することは困難です。また、きちんと磨けているように見える歯でも、歯垢染色液などを使用してみると、まだプラークが残っているケースも多くあります。
日々のそうした積み重ねがいずれ歯石を生み出してしまい、歯周病を招く原因となります。痛みがあるときに歯科医院へ駆け込むのではなく、定期的に歯科へ通い、歯の状態を検査してもらうことが重要です。

毎日のケアとしてできることは、丁寧な歯磨きでなるべくプラークを除去していくことです。加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなども併用していくと、比較的多くのプラークを除去できる可能性が高まります。
ただ、それでも完全にプラークや歯石を除去することは困難ですので、歯科医院に診てもらい、プラークや歯石の蓄積を防ぐため定期的に通うことをおすすめします。
万が一歯石が付いてしまっても、軽度であれば除去も軽く済みます。歯周病という大事になる前に、定期検診を受けるようにしていきましょう。

ひらい歯科医院について

Related Posts