歯周病と吉祥寺

blog3

口の中には3百種類を超える細菌が住んでいます。
細菌の集団は歯の表面にくっつき、ネバネバの物質を出して細菌を集め増殖して厚い層になります。
この塊が歯垢(プラーク)です。

歯垢は歯と歯茎の間からしみ出る体液を栄養に歯茎の下へ下へと増殖します。
このプラークが歯肉に炎症を起こし歯周病が発症してしまいます。
プラークが溝の中深く入り込むと歯肉が腫れてきます。
歯と歯肉をくっつけている繊維が溶けて歯周病の細菌(プラーク)が歯と歯の隙間に深く入り込んでいきます。
歯垢(プラーク)が歯肉に炎症を起こし歯周病を引き起こしているのです。

ひらい歯科医院について

Related Posts