インプラントのリカバリー

blog101

残念ながらインプラントは天然歯と違い、少しでも揺れたり、動きが出始めた場合、撤去する必要性が高くなります。

動いてないが痛みや腫れがある場合は、抗菌薬を投与したり、徹底したクリーニングを施すことで保存可能になる可能性があります。
インプラントの失敗は、様々な原因によって発症し、一度発症すると、その対応は、難しいものになります。

そう考えますと最も大切なことは、そうならないよう出来る限りのあらゆる手段を予め行うことです。インプラント治療は、歯がないところにインプラントを埋め込むといった単純なものではありません。

定期健診をきちんと受けていただき、長くインプラントのある豊かな生活を楽しみましょう。
もしインプラントでお困りのこと、お悩みがありましたらセカンドオピニオンとしてもお受けいたします。

ひらい歯科医院について

Related Posts