リウマチと歯周病

cblog12 (1)

関節リウマチとは、手足の関節がこわばったり痛んだりして、進行すると関節の変形をきたす病気です。近年、関節リウマチと歯周病の相関関係が注目されています。
歯周病菌がもつ物質がリウマチの症状を引き起こす可能性まで証明されてしました。ほかの糖尿病などと違って、歯周病菌の代表であるジンジバリス菌だけが産生する物質そのものがリウマチの発症に関連することもここ数年で明らかになりました。

この歯周病の細菌がつくり出す毒素(炎症性物質)によって関節リウマチが発症・進行したり、関節リウマチの症状が重くなったりすること、また、歯周病治療によって関節リウマチの症状が改善されることが明らかになっています。
歯周病は細菌感染症ですので適切な治療を早いうちからおこない、定期的チェックをおこなうことで悪化しません。
内科検診などで健康状態を評価するだけでなく自分の歯茎の状態、歯周病の有無を歯科医師と十分に相談することも全身的な病気を引き起こさないために大切なことです。

ひらい歯科医院について

Related Posts