吉祥寺でインプラントを守る

blog68

インプラント周囲炎とは、インプラントの周囲組織で炎症が起こる病気です。
歯周病と同じ細菌感染症の一種で、歯面に付着したプラークが原因で起こります。

インプラントの清掃がきちんと行われていないせいで、周囲にプラークが溜まると、その中で歯周病菌が増殖しはじめます。そして、それらの細菌が作り出す毒素に対して炎症反応を起こすほか、歯槽骨が破壊されてしまうのです。

インプラント周囲炎は、炎症が粘膜でとどまっている状態なら、治療によって症状が改善されますが、歯肉や歯槽骨が一度破壊されてしまうと、元の状態に戻すことはできません。そのため、予防をしっかり行なって、インプラント周囲炎を起こさないことが大切です。

歯磨きによるプラークコントロールのほかに、インプラント周囲炎のリスクを高める要因を少なくすることも、インプラント周囲炎の予防につながります。リスクファクターとされる歯周病・糖尿病・貧血などの症状がみられる場合は術前にしっかり処置し、喫煙などの生活習慣を見直しましょう。
また、インプラント周囲炎を予防するためには、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。
インプラント周囲炎は、早期発見・早期治療によって重症化を防ぐことができるため、メンテナンスをしっかり行って、インプラントの健康を維持することが大切です。

ひらい歯科医院について

Related Posts