歯と歯ぐきのしくみ

blog105

歯は、歯冠と呼ばれる外からみえる部分と、歯ぐき(歯肉)の内部に隠れる歯根部で構成されています。
歯冠の表面はエナメル質という固い組織に守られています。
歯根部は象牙質やセメント質からなり、内部は神経や血管が入り組み象牙質に栄養を供給する役目を担っています。

歯の周りを取り囲むのが歯ぐきです。
歯ぐきの中には歯槽骨と呼ばれる骨があり歯を支えています。
さらに歯と歯ぐきの境目には、歯根膜という膜がありクッションの役割を果たしています。
健康な歯ぐきは、歯との間にすき間がほとんどなく、内部に細菌が入り込むのを防いでいます。

ひらい歯科医院について

Related Posts