歯周病を引き起こす原因

blog66

歯が十分に磨けていないと、歯垢という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまってしまいます。
歯周病はこの細菌が繁殖することで起こってしまうのです。
歯ぐきが赤くはれていたり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。
歯垢を放っておくとやがて石灰化し歯石へと変化します。
歯石は歯みがきなどでは取り除けないため、歯医者さんでとってもらわなければなりません。
歯垢や歯石をためていると歯と歯ぐきの間の溝=歯周ポケットが深くなり、さらに歯垢がたまりやすくなって、歯周病を進行させる要因になります。
歯肉炎から歯周炎へと移行すると膿が出て口臭の原因になり、歯槽骨が溶け支えられなくなった歯が抜け落ちてしまうなどの症状が進みます。
ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると、病気は進行しやすくなります。
歯を失う原因として多いのが歯周病。
一生ご自身の歯でおいしく食事をし、健康を維持できるようにしていきましょう。

ひらい歯科医院について

Related Posts