先天性欠如をインプラントで

blog67

6歳から12歳くらいまでの間に乳歯が抜け、永久歯に生えかわるのは成長の過程として当たり前に誰にもおこります。
しかし、なぜか抜けない乳歯がある。
実はそんな子どもが近年増加しているのです。

これは、乳歯を押し上げるはずの歯胚(永久歯の芽)がないために、永久歯に生えかわらない「先天性欠如」という歯の形成異常です。
残っている乳歯も、大人になると抜けますが、そうすると本来あるべき歯の数(永久歯の場合、親知らずを除くと28本)に満たない状態になります。
その結果、歯並び、噛みあわせ、あごの成長などに影響が出て、ひいては歯周病やムシ歯、発声や食事のしにくさなどにつながることも。。。

現在、先天性欠如は10人に1人の割合で発生しています。
それほど珍しいものではありません。
ただ、近年増加の傾向にあるのですが、原因が明らかになっておらず、予防のしようがないのです。

先天的に欠如している部分を補う治療法は、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つです。
どの治療法にもメリット・デメリットがあります。
もしご心配でしたらレントゲンなどで診断はできますので、まずはご相談ください。

ひらい歯科医院について

Related Posts