歯周病と認知症の関係

blog5-21

認知症の原因となる病気はいくつもありますが、もっとも患者が多いのがアルツハイマー病。短期記憶などをつかさどる脳の海馬などを中心に、大脳全体に萎縮がおこる病気です。
海外の研究でアルツハイマー病の患者の脳から、歯周病の原因菌であるジンジバリスキン、略して「Pg菌」が見つかったことがきっかけになりました。
その結果、歯周病菌を投与して作った歯周病のマウスは、そうでないマウスに比べて認知機能が低下したり、脳内にアルツハイマー病特有の炎症やアルツハイマー病の患者の脳に見られるシミが認められたという報告が相次いで出てきました。
歯周病を放置しておくことは、何もいいことはありません。

ひらい歯科医院について

Related Posts