歯周病と誤嚥性肺炎の関係

blog57

肺や気管は、咳など身体が生理的に反応することによって守られています。
しかし、生理的機能が衰えてしまうと、自らの唾液や食べ物が誤って肺に入り、肺炎を起こしてしまうのです。
これを誤嚥性肺炎といい、唾液中に含まれる細菌が主な原因です。
歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢、認知症、脳血管障害、手術後など、食物の飲み込みを上手く行えない人は、特に注意が必要です。

ひらい歯科医院について

Related Posts