喫煙と歯周病の関係

blog104

喫煙者は非喫煙者に比べて、歯周病の治療の効果が低いという報告があります。
また、喫煙者は非喫煙者に比べて処置後の治りが良くないともいわれております。
歯みがきと歯石除去は歯周病の基本治療とされていますが、喫煙者には十分な効果が期待できません。
外科的な処置によって骨の形を良くしたり、歯周ポケットを減らした場合の治療効果も同様です。日本歯周病学会では、喫煙は歯周病を予防や治療をさまたげる原因であるという認識に基づき、歯みがきと歯石除去を基本に、喫煙者の歯周治療には禁煙が必要であるとしています。
禁煙すると歯ぐきの状態が回復し、免疫や細胞のはたらきが高まるため、歯周病のリスクが低下し治療効果が上がることが明らかになっています。
ある程度進行した歯周病であっても禁煙は有効であるといわれていますので、禁煙の実行に遅いことはありません。
頑張りましょう。

ひらい歯科医院について

Related Posts