歯周病のリスク因子

blog61
プラーク(歯垢)

歯周病の原因はプラークです。
プラークは多くの種類の細菌が増殖してかたまりとなったもので、歯につくバイオフィルムとも言われます。
特に、歯周病細菌は酸素の少ない場所を好むため、主に歯周ポケットの中に存在し、毒素や酸素を放出して歯周組織を破壊していきます。

リスクファクター(危険因子)

歯周病の直接の原因はプラークですが、「口腔内の環境」や「生活習慣」の中には間接的に歯周病を悪化させるリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。
歯周病予防には、適切な歯みがきでプラークを取り除くことがまず第一の基本です。
さらに歯周病のリスクファクターを少なくすることが大切です。

ひらい歯科医院について

Related Posts