医院としての感染対策

blog59
新型コロナウイルス発症以前から
  • 待合室での患者様が密接にならないように予約の調整、待ち時間の調整を行います
  • 待合室(スリッパ、ソファー、自動血圧計)、医院入り口の扉、洗面所 等の消毒や換気の確保を行っています
  • 換気の確保、手指消毒の用意(医院入り口に設置)
  • 受付のシールド(保護膜)の設置
  • 各ユニット、検査器具(レントゲン・CT他)は、使用ごとに次亜塩素酸水または消毒用アルコールにて消毒を行い、他の治療器具(手術用器具も含めて)に関しましては、完全滅 菌されたものを使用しております
  • 医院内で使用されている水は、体に害がなく、安全な濃度の次亜塩素酸水を使用しております。これは、お口の中の除菌にも役立っています
  • 歯を削る際に使用している口腔外バキュームは、切削時に生じる粉塵やエアロゾル(霧状の液体)を強吸引し、室内の空気の清浄化を行っています。飛沫の防止を防いでいます。

当医院では、新型コロナウイルス発症以前から、感染予防のために当医院の従事者は、感染予防のマスク、手袋の常用と手指の消毒は常に行っております。

また、顔の保護をするフェースシールドを使用することで、感染予防を行っております。

ひらい歯科医院について

Related Posts