新型コロナウイルスに感染しないために

cblog12 (1)
歯科医の立場から新型コロナウイルスに感染しないためには

歯科医師の立場として新型コロナウイルスに感染ないために、私見を述べさせていただきます。

先に書いたとおり、お口の管理が悪い人は、お口の清掃状態が悪く、細菌が増える環境になっており、虫歯や歯周病の発症を招いたり、インフルエンザなどのウイルスに感染させる原因にもなります。

特に歯周病の進行は、歯周病菌の増殖により、歯肉や骨に炎症が波及することでその消失を早めます。また、歯周病菌の作用で血管を介してのルートと腸管からのルートより全身の臓器に炎症を起こさせ、糖尿病・心臓疾患・脳疾患、誤嚥性肺炎などの全身疾患を起こさせたり、今回の新型コロナウイルスの感染により発症する重篤な肺疾患を起こさせる要因にもなります。

結論として、お口の管理は健康維持には欠かせない事であり、感染の防御には欠かせられないものであります。

そして、

・お口の手入れは最低毎日朝、昼食後の歯磨きを行う
・いたるところにウイルスは存在すると思うこと
・日常生活の中で手洗いを励行する
・密接な他人との接触を極力避ける
・列車の乗り換えの際は気をつける
・病原菌のありそうな場所に直接手で触れない

ひらい歯科医院について

Related Posts