歯の喪失は認知症を加速する

blog99

歯周病は歯を失うトップの原因とも知られており、多くの人が歯周病で歯を失っていっています。歯を失うと噛む能力は落ち、咀嚼による脳への刺激が弱くなるため、そのことからも認知症にかかりやすくなるとされています。そのため、歯を失わないように歯周病対策をしっかりと行い、歯周病予防をしていくことが大事です。

ですが、例え歯をすでに失っている方でも、歯を補う治療を受けてしっかりと噛める状態にしておけば、認知症のリスクを下げることは可能です。

つまり、大切なのは、歯周病でも、歯を失った後でも、継続的に治療を受け、悪い部分を放置せずに良い状態をキープすることです。お口の健康は体の健康と直結しています。ぜひ、歯のメインテナンスを続けて健やかな人生を送っていきましょう。

ひらい歯科医院について

Related Posts