歯ブラシ指導が最も重要

blog40

どんな(歯周病の)ステージでも、歯周病の治療のベースになるのが歯ブラシ指導です。

日常の歯磨き(ブラッシング)で歯垢落としが上手くいっていないと、歯周病の改善は望めません。何故なら、歯周病は、歯垢が原因で歯肉が炎症を起こす病気だからです。

但し、正しいブラッシングの習得は簡単ではありません。

ご自身で日々正確に歯垢を落とせるようになるためには、歯科医院側の根気が必要なのです。まずは、患者さんに、正確なブラッシングの必要性を理解してもらわなければいけないのと、繰り返しブラッシング指導をうけてもらわなければいけません。その為には、患者さんのモチベーションを高め、それらを維持していかなければなりません。

むし歯の治療がほぼ受け身に対して、歯周病治療はブラッシングなどの主体性、患者さん自らが、自分で治していくという事を理解していただく事が重要です。まずそこが、難しいところなのです。

また、一人ひとりのブラッシングのスキルが違います。

器用な人もいれば、不器用な人もいます。歯並びも違いますし、歯に対する価値観が違えばやる気も違います。これらの事から、歯のブラッシング指導は歯周病の改善には必須にもかかわらず、歯科医院にとってもハードルが高く、おざなりにされやすいのです。

ひらい歯科医院について

Related Posts