関節リウマチと歯周病の関係

blog11

■プラーク・歯石の除去が不十分である
歯周病は、原因であるプラークを除去しなければ治ることはありません。プラークを完全にゼロにすることはできませんが、口腔内のプラークをいかに少なくできるかが治療の成否を分けるポイントになってきます。また、歯石は歯周病の直接的な原因にはなりませんが、表面がザラザラしており、口腔内に歯石があることでその上にプラークが付着しやすくなるため、歯周病治療においては歯石の除去も重要です。

まずは、ご自宅でのブラッシングで毎日しっかりとプラークを取り除くことが重要です。しかし、ご自宅でのブラッシングだけではプラークをすべて除去することはできませんし、歯ブラシで歯石を取ることはできません。歯と歯の間や、歯周ポケット内部に溜まったプラーク・歯石は、歯科医院の専門的な処置で取り除いてもらう必要があります。プラーク・歯石の除去が不十分だと、歯周病はいつまで経っても改善しません。

■生活習慣が整っていない
歯周病を治すうえでは、生活習慣を改善することも重要です。生活習慣のなかでもっとも大切なのがブラッシング習慣です。上述のとおり、口腔内にプラークが残っているほど歯周病が治りにくくなるので、毎日のブラッシングでしっかりプラークを取り除くことが大前提になってきます。

食生活にも注意が必要です。糖分の多いお菓子や飲料を好む人は、プラークが溜まりやすくなります。また、タバコを吸うと歯周病が治りにくくなることが明らかになっているため、喫煙者の方は禁煙が必須です。

■歯並びが良くない
歯並びが良くない人は、歯並びが良い人に比べると歯周病が治りにくい場合があります。というのも、歯並びが良くない人は歯と歯が重なり合っていたり、歯がねじれていたりして、その部分にプラークが溜まりやすくなるからです。

しっかりとブラッシングをしていても、磨きにくい部分(磨けない部分)が多いため、口腔内環境が悪化しがちです。程度によっては、歯周病治療と並行して矯正治療を受けたほうが歯周病の改善が見込めるケースもあります。

■歯科医院を受診していない
口腔内にプラークが溜まると、最初は「歯肉炎」を発症します。歯肉炎の段階であれば、毎日の正しいブラッシングによって治癒させることができます。しかし、歯肉炎の段階で正しいケアができないと、「歯周病」へと発展してしまいます。歯周病になると、もはやブラッシングだけで治癒させることは不可能であり、歯科医院で専門的な処置を受けなければ改善することはできません。

歯茎からの出血や歯茎の腫れなどは「すぐに治る」と考えがちですが、歯肉炎ではなく歯周病になっていたら自然に治ることはありません。症状が1週間程度続いているなら、歯科医院を受診しましょう。

■糖尿病である
糖尿病になると、細菌を飲み込む働きをしてくれる好中球(白血球の一種)の働きが鈍化します。それによって体内の感染防御機能が弱くなってしまうため、歯周病などの感染症にかかりやすくなる(重症化しやすくなる)ことが明らかになっています。

そのため、糖尿病の方は歯周病治療だけをしていても、なかなか歯周病は治りません。歯周病治療と並行して糖尿病治療をおこなうことで、歯周病の治療効果も高まります。

ひらい歯科医院について

Related Posts