関節リウマチと歯周病の関係

blog101

1 ホルモンバランスの変化
妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌が活発になりますが、これらの女性ホルモンにはある特定の歯周病菌の増殖を促進する作用があることがわかっています。そのため、通常と変わらない生活を送っていても歯周病のリスクが高まってしまうのです。

2 つわりの始まり
つわりがひどいと、お口に歯ブラシを入れることすら大変になります。そうした状況では十分なブラッシングができず、口腔内が汚れたままになりがち。また、「食べづわり」になった方もお口の中が不衛生になる傾向があるので、歯周病を発症しやすくなります。

3 免疫力の低下
脳が胎内の赤ちゃんを“異物”と判断しないように、女性は妊娠すると自然と免疫(細胞性免疫)の力が低下する仕組みになっています。妊婦さんが風邪やインフルエンザなどで体調を崩しやすいのはそのためですが、免疫力が下がることで歯周病にもかかりやすくなります。

ひらい歯科医院について

Related Posts