歯周病と早産・低体重児出産

blog82

女性と歯周病との関係で注目せざるを得ないのが「早産・低体重児出産」です。妊娠中はホルモンの変化などによって歯ぐきの炎症が起こりやすくなり、歯周病になる人も少なくありません。これが「早産・低体重児出産」の危険度を高めてしまっているのです。
歯周病にかかっている妊婦さんは、そうでない人に比べて早産・低出生体重児の確率が約2~4倍
にもなるという報告もされています。
妊娠中はつわりなどにより歯みがきなどの口腔清掃が不十分な状態になりやすく、歯周病になりやすいです。歯肉の血管から侵入した歯周病原性細菌やサイトカインが血流に乗って子宮に達すると、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる確率が高まると考えられています。
早産や低体重の赤ちゃんは病気にかかりやすく、障害を負ってしまうリスクも高まります。

ひらい歯科医院について

Related Posts