歯周病と骨粗鬆症

blog103

長年の生活習慣などにより、骨量が減少して海綿状になり、もろく折れやすくなった状態が「骨粗しょう症」。高齢の女性に多く見られる病気として知られています。
全身的に骨が弱くなると、歯を支える歯周組織にも影響があると考えられています。
まだ充分に解明はされていませんが、歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには、骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。逆に、骨粗しょう症の人が歯周病に罹患すると、歯周組織の歯槽骨が急速に吸収されることで症状が進行しやすくなる可能性が知られています。

ひらい歯科医院について

Related Posts