歯周病と誤嚥性肺炎

cblog12 (1)

通常、食べ物や唾液は食道を通り胃にはいります。しかし、誤って気道に入り込むことがあります。気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる肺炎が「誤嚥性肺炎」。
高齢者に多く見られる病気の一つです。特に、要介護の高齢者などは飲み込む力や咳反射が低下しているため、唾液やプラークなどが気管に入りやすく誤嚥を起こします。
誤嚥し肺に入り込んだ歯周病原性細菌などのお口の中の細菌が肺炎を起こしやすくすると考えられています。
実際、この病気の多くの患者さんから歯周病原性細菌が見つかっているのです。そのため、高齢者に口腔ケアを行い、歯周病原性細菌等の口内細菌が減少すると肺炎の発症率が下がることが報告されています。

ひらい歯科医院について

Related Posts